日本音楽即興学会(JASMIM)2009大会報告


'Various Aspects of European Free Improvisation'


横井一江 

YOKOI Kazue

(ジャズ評論家)


【概要(大会抄録記載)】


アメリカのフリージャズの影響下、それを超えて独自の表現を求めるミュージシャンがヨーロッパ各国に次々と現れたのは1960年代。ヨーロッパ・フリーあるいはフリー・ミュージック、インプロ、即興音楽などと呼ばれ、十把一絡げに語られることが多いが、各国それぞれ背景となる状況が異なることもあり、その音楽的指向には違いも見られる。それでいて音楽家だけではなく関係者を含めて、ローカルな音楽コミュニティから国境や地域を超えた緩やかなネットワークを築き、今日の先鋭的なインプロヴァイザーまでひとつの系譜として繋がっている。まずは、大きな変化が起こった60年代後半を中心にヨーロッパの諸相を振り返ってみたい。



【報告】

前のページに戻る