日本音楽即興学会(JASMIM)2012大会報告



【発表者】
寺内大輔 / Disuke TERAUCHI
広島大学大学院教育学研究科講師
作曲、即興演奏、音楽教育


【要旨(大会抄録記載)】


Word Events(言葉の指示による音楽作品)は、五線譜のような、記号によって作られた音楽ではなく、言葉の指示のみによって作られた音楽作品である。Word Eventsは、Cage, JohnやLucier, Alvin、小杉武久など、数々の作家が作品を制作しており、作品数も相当な数にのぼる。音楽演奏のための方法やルールそのものを指示して行うという音楽表現形態は、五線譜が成立する以前には日常的に行われていたと考えられるが、20世紀中頃以降、そうした指示そのものを作品化する創作表現が盛んに実践されるようになった。これらは、「Word Score」「Event Score」「Instruction」「Verbal Notation」など、様々な言葉で呼ばれ、音楽史の中では現代音楽の一様式として位置づけられている。


本発表では、様々なWord Eventsの実例を取り上げ、必要に応じて実演を伴いながら、その即興的要素について考察する。


【報告】

前のページに戻る