日本音楽即興学会(JASMIM)2012年度ニューズレター


Perspectives on Musical Improvisation参加印象記
沼田里衣(神戸大学大学院国際文化学研究科異文化研究交流センター協力研究員)


2012年9月10日から13日まで、オックスフォード大学の音楽学部で学会「音楽即興に関する様々な観点(Perspectives on Musical Improvisation)」が開催されました。タイトルにある通り、音楽即興に関して、音楽学、民族音楽学、心理学、哲学、社会学、教育学などの多岐にわたる観点から研究の成果が報告され、発表の後には領域を超えた議論が活発に行われていました。冒頭で企画者の一人マーク・ドフマンより、170件の発表応募から35件に絞ったこと、ヨーロッパや北米に加えアジアや南米などを含む様々な国から80名ほどの参加者が居ると報告されたことからも伺えるように、即興音楽への関心は近年ますます高まりを見せているようです。私は即興音楽に関してどの程度議論が進んでいるのかとても期待しておりましたが、多くの発表で共通して聞かれたことは、「学問として研究対象とするにはあまりにも不定形で曖昧なものであるという認識からは一歩進んだ地点に来ている」ということで、やや楽観的ですが「すでに一つの領域であると言えるのではないか」ということまで聞かれました。


発表は、3件をひとまとまりとして次のようなタイトルの付いた12のセッションに分けられていました。それらを全て挙げると、「即興の概念」、「特定の研究」(イラン音楽、ジャズやモラヴィアの教会などにおける特定の即興について)、「即興の使用」(音楽療法、音楽教育における即興)、「認知と知覚」、「即興と作曲」、「イデオロギーとしての即興」、「コルトレーン」、「音と思想における即興」(哲学・美学と即興)、「指示と創造性」(即興を創造性という観点から研究したものやバンドにおける指示と即興の関係など)、「歴史的遭遇」(ロマン主義時代、ジャズのビバップ以前、現代における即興)、「身体と主体」、「ディスコースと実践」(実践の中でどのようにディスコースが作られていくか)で、こうした多様な領域における研究が一堂に会して発表されることの意義は非常に大きいと感じました。そのうち、印象に残った3つの発表について取り上げてみます。


セッションの中には、公開討論、全体でのディスカッションやIngrid Monsonによる招待講演も含まれていたのですが、まずはLydia GoehrとGeorge Lewisらによる公開討論を取り上げてみたいと思います。その討論では、まずLydia Goehrが、即興を二つの概念に分けてimprovisation extemporeとimprovisation impromptuに区別し、前者を即興音楽に語られる場合にごく一般的に使われる即興、後者をより拡張した意味で、その時、その場において、何らかの困難に直面した場合(人生における困難や、演奏中に楽器が壊れたり聴衆に思わぬ要求をされたりなど)に、即座にウィットの効いた判断をするという意味での即興と捉えたらどうかと提案しました。確かに、捉えがたい即興の性質をより細分化して考えることにより、少しすっきりした気がします。improvisation impromptuを目指しながらも、実際はimprovisation extemporeをしている、という場合は多々あるようにも感じます。次のGarry Hagbergの発表は、コルトレーンを例に、アンサンブルの中で集合的意識がどのように成り立って行くのか、ということを譜例とともに説明するものでした。集団の即興演奏において、個人の演奏を自身がどう捉え、その感情の波が細かい音のネゴシエーションを経てどう変化し、集団の演奏としての特別な瞬間が作られて行くのか、非常に細かい論点から論じていました。これらに対して、研究者でありジャズの演奏家でもあるLewisは、演奏者の視点に立ち、即興にはしきたりや作法、あるいは強制力すらあるものであり、「即興=自由」という思い込みがあるのではないか、と指摘しました。彼によれば、即興演奏は、既にある限界を超える所に意味があるのです。また、演奏家は、音の中で権力関係など様々な模索をしているのであり、そこには単に個性が表れているなどというものではなく、政治性があることも指摘していました。これらの発表の中にもしばしば聞かれましたが、今回の学会を通じてよく聞かれた言葉で印象的なのは、agonism(闘争性)という言葉です。ある発表では、「自由な状態においては戦争と同じことが起こる」というようなことも聞かれ、即興演奏とルールという、相反するが避けがたい重要な問題に改めて気付かされました。


また、私自身は音楽療法を研究のベースにしていることから、唯一の音楽療法の領域からの発表であったRachel Darnley-Smithの発表にも注目しておりました。彼女は、近年盛んに議論されている、音楽療法における音楽とコミュニティにおけるパフォーマンスとしての音楽の分かちがたい問題を指摘し、特にサイコダイナミックな音楽療法を公的な場でのパフォーマンスと区別してサイト・スペシフィック・アートである、と述べていました。これに対して、フロアからは、サイコダイナミックな音楽療法だけではなく、臨床における全ての音楽療法に言えるのではないか、あるいはある場所や人と関連づけられた一般の即興演奏にも当てはまるのではないか、また、精神面に特に焦点を当てた音楽としてサイキ(psych-)・スペシフィックアートでもあるのではないか、などの意見が出ていました。音楽療法における音楽を美学的に再考し、アートとして認めようとする態度には感銘を受けましたが、そうなると今度はアートの世界のうちでどのような位置を占めるのか、ということが問題となるのだろうし、そうしたことを今後は考えて行く必要があるだろう、と思いました。


学会の最後のプログラムとして行われたIngrid Monsonの招待講演も印象深いものでした。今回の発表は、アフリカのマリ共和国のバラフォン奏者とアメリカ1980年代のジャズトランペット奏者という異なる状況における演奏家が五音音階をどのように発展させて行ったのかを詳細に検討したものでした。その研究は、単にアフリカ発祥の音楽をディアスポラとしての音楽の変化と捉えるのではなく、彼らが生きた時代の美的観点や社会文化的観点、歴史的観点との関係の中で音楽形態が創出された経緯を論じたもので、研究手法がかなり整えられているという印象を受けました。Monsonは、冒頭で1980年代に自身がジャズの研究を始めた頃、即興音楽に関する研究は民族音楽の領域では様々に存在したものの、ジャズに関するものは皆無だった、と状況を振り返っていましたが、そうした中で培われた研究手法はとても丁寧なものに感じました。


こうした発表以外にも、学会の形態や運営方法についても勉強になりました。オックスフォードという場所や、比較的小規模だったこともあったと思いますが、議論の土台や枠組みがしっかりしていてとても快適でした。今回は、全て同じ部屋の中で順番に発表が行われたので全員が同じ内容を共有できましたし、休憩などの時間配分も適切で、発表の合間は別の部屋でお茶やお菓子をつまみながら様々に意見を交換できました。また、オックスフォードの有名なクライストチャーチでの食事・宿泊もセットになっており、毎回の食事時には立場を超えて意見交換や交流が自然な形で行われていました。2日目の晩には大聖堂でフランスから来た即興演奏家によるミニレクチャーと演奏があり、重厚なパイプオルガンでの速いテンポの即興演奏を聴くことが出来ました。3日目の晩には近くのパブで誰もが参加可能なジャムセッションがあり、主催者のMark Doffmanを始め、様々な研究者たちがハイクオリティな演奏を繰り広げていました。皆、研究時と同じくらい生き生きしていたのが印象的でした。



(メイン会場での口頭発表)



(同一会場内でのポスターセッションの様子)



(クライストチャーチの食堂)



(クライストチャーチでThierry Escaichによるパイプオルガンの即興演奏)



(パブでのジャムセッション)


さて、このオックスフォードにおける学会参加を終えて、本学会の運営に関しても色々と考えました。ちょうどこの学会の前にスコットランドのグラスゴーで開催されたスコットランドジャズ協会による第1回ジャズ教育学会に参加したのですが、そこには、大学研究者のみならず音楽の教師、コミュニティミュージシャン、ジャズミュージシャン、ミュージックプロデューサーなどさまざまな実践家が参加しており、このオックスフォードの学会とは趣が異なるものでした。一日限りの大会でしたが、プログラムは前半に研究発表、後半はこれから学会をどのように発展させて行きたいかを全員がグループに分かれて話し合う、というもので、参加者全員の意見を取り込もうとしている姿勢が感じられました。ジャズ教育を普及・発展させて行くという目標があるのだろうからと思われますが、そこでは、実践家同士のネットワークづくりや情報交換などが課題として挙げられていました。昼食付きで2-3千円という気軽さも含めて素晴らしいと思いましたが、一方で、研究の発展の可能性に関しては未知数であるとも感じました。その学会の様子は下記に詳しく報告されています。


・ Scottish Jazz Federation: http://www.scottishjazzfederation.com/
・大会レポート:http://issuu.com/scottishjazzfed/docs/310812_sjf_jazz_ed_conference_report_csg11-00485


一方で、オックスフォードの学会では、カナダのゲール大学で即興演奏に関する研究が盛んであることも聞きました。下記が、そのオンラインジャーナルですが、毎年2号ずつ発行されており、既に7巻目になっているようです。


http://www.criticalimprov.com/index


こうした情報を比較してみると、実践家・理論家双方を含む私たちの学会が、運営を進めて行く上で何を重視したら良いのかを考える際に、非常に参考になるのではないか、と思いました。
以上、今後、研究、実践、学会運営を行う上で非常に得るものの多い学会でした。本学会は1回限りのものとして企画されたもので今後の予定はないそうですが、議論は確実に進んでいる、と感じました。

前のページに戻る