日本音楽即興学会 JASMIM

The Japanese Association for the Study of Musical IMprovisation
Language:
  • 日本語
  • English
書籍:
  • 音さがしの本
    著者:R.マリー シェーファー
    著者:R.マリー シェーファー
    翻訳:今田 匡彦
  • 文化中心音楽療法
    著者:ブリュンユルフ スティーゲ (著)
    翻訳:阪上 正巳 (監修, 監修), 井上 勢津 (翻訳), 岡崎 香奈 (翻訳), 馬場 存 (翻訳), 山下 晃弘 (翻訳)
  • 即興音楽療法の諸理論〈上〉
    著者:ケネス・E. ブルーシア (著), Kenneth E. Bruscia (原著)
    翻訳:林 庸二 (翻訳), 岡崎 香奈 (翻訳), 生野 里花 (翻訳), 八重田 美衣 (翻訳)

文献:

書籍名「ケースに学ぶ音楽療法II」

記載:2018年03月30日

本書はわが国初の本格的な「音楽療法ケース集」として構想された。
執筆陣のなかには欧米に留学経験がある方も多く,
今なお海外在住の方も含まれるが,
すべて日本人の音楽療法士あるいは研究者である。

内容紹介
本書はわが国初の本格的な「音楽療法ケース集」として構想された。
執筆陣のなかには欧米に留学経験がある方も多く,
今なお海外在住の方も含まれるが,
すべて日本人の音楽療法士あるいは研究者である。
自験ケースの紹介者として現在望みうる
最高の布陣になったのではないかと自負している。
異なる専門領域で仕事をする読者の便を図り,
I巻を児童・高齢者・緩和ケア領域,
II巻を成人の精神科領域とした。
もちろんI・II巻を通読していただきたいが,
まずは関係した領域を含む1冊を手に取っていただいてもいい。
ご自分の関心や興味と照らし合わせながら,
各章のケース記述に含まれる豊富な意義を汲んでいただきたいと願うものである。

著者について
阪上正巳(さかうえ・まさみ)
1983年 金沢大学医学部卒業,国立武蔵療養所研修医,自治医科大学精神医学教室をへて,
1989年 ウィーン大学医学部精神医学教室に留学,同時にウィーン国立音楽大学音楽療法科聴講生として学ぶ(~1990年)
1999年 国立精神・神経センター武蔵病院医長,国立音楽大学助教授を経て
現在 国立音楽大学教授,医学博士

岡崎香奈(おかざき・かな)
1988年 英国王立音楽院ピアノ科卒業
1989年 ノードフ・ロビンズ音楽療法センターにて音楽療法士ディプロマ取得
1995年 ニューヨーク大学大学院音楽療法学科修士課程修了
2011年 ニューヨーク大学大学院博士課程修了,洗足学園音楽大学准教授を経て,
現 在 神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授,芸術学博士

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
阪上/正巳
1958年埼玉県生まれ。1983年金沢大学医学部卒業、国立武蔵療養所研修医。1985年自治医科大学精神医学教室入局。1989年ウィーン大学医学部精神医学教室に留学、同時にウィーン国立音楽大学音楽療法科聴講生として学ぶ(~1990年)。1999年国立精神・神経センター武蔵病院医長。2001年国立音楽大学助教授を経て、国立音楽大学教授、医学博士。精神保健指定医、日本精神神経学会・精神科専門医

岡崎/香奈
1966年福岡県生まれ。1988年英国王立音楽院ピアノ科卒業。1989年ノードフ・ロビンズ音楽療法センターにて音楽療法士ディプロマ取得。1995年ニューヨーク大学大学院音楽療法学科修士課程修了。2011年ニューヨーク大学大学院博士課程修了、洗足学園音楽大学准教授を経て、神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授、芸術学博士。英国・米国公認音楽療法士、日本音楽療法学会認定音楽療法士、ノードフ・ロビンズ音楽療法士レベル3取得者、世界音楽療法連盟資格認定委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

LINK

この記事に付けられたタグ