日本音楽即興学会 JASMIM

The Japanese Association for the Study of Musical IMprovisation
Language:
  • 日本語
  • English

jasmim journal 投稿規定

学会誌について
ジャスミン・ジャーナルは、日本音楽即興学会の発行する査読付き学会誌で、広く音楽即興に関する原著論文その他の記事を公開する媒体です。当面、ウェブ版のみを発行します。

1 投稿資格
・本誌への投稿者は本学会員に限ります。ただし編集委員会が特に必要と認めた場合には非会員の寄稿を受けつけることがあります。

2 投稿の種類
・本誌への投稿には、音楽即興に関する独自の知見を論述する「論文」の他に、「研究報告」(論文に至る前段階の中間報告や調査報告、実践報告など)、「批評」(書評・演奏会評・CD評など)、「討論」(掲載記事へのコメント、反論など) があります。
・本誌への投稿は未公表のものでなければなりません。本誌ならびに他で公表されたものの翻訳についても、特に本誌に掲載する価値があると編集委員会が認める場合を除き、原則として受け付けません。

3 執筆要領
3.1 使用言語
・日本語または英語。

3.2 書式について 
・原稿は電子データでのみ受けつけます(→5)。横組でウェブに掲載されることを前提に執筆してください (ただし掲載の体裁は変更されることがあります(→7)。Wordあるいはプレイン・テキスト・ファイルで提出してください。
・「論文」「研究報告」「批評」については本文中にはリンク参照は不可です。
・注や参考文献等の記述方式はAPAスタイルなど、決まった様式であれば任意です。
・日本語による投稿論文の基本的な構成は、以下のようになります。*印で挟んだ部分は、必要がなければ省略可能です。

和文タイトル *--副題--*
英文タイトル *--副題--*
著者姓名
ローマ字表記による著者姓名
和文要旨
英文要旨
論文本体

引用文献
*参照データ類*

3.3 分量
・論文は、日本語の場合20,000字、英語の場合8,000語以内とします。さらに、両方の言語で、題名 (タイトル) の訳と800字あるいは300語以内の要旨を付けてください。
・研究報告、批評、討論については、6,000字、2,400語以内とします。

3.4 (テキスト以外の)画像・音声・映像(以下「バイナリ」)について
・本論に付随する画像、音声などについては論文ファイル中に完成原稿として貼り付けてください。
・非常に特殊と思われるデータ形式を使用する場合は、編集委員会にお問い合わせください。映像データについてはリンクを張ったうえでYouTubeの使用も可能です。

4 著作権は本学会が保持するものとしますが、学会の承認のもとに原著者が掲載等の使用ができます。

5 原稿の送付
・すべての原稿データは、ファイル・サイズに問題がなければメールに添付して、別掲の編集委員会あて送付して下さい。ただし、メールが何らかの理由で不着の場合も考えられうるので、送付後3週間を過ぎても編集委員会からの着信の知らせがない場合は、メールで問い合わせをしてください。

6 原稿の採否
・原稿は、編集委員会が採否を決定します。特に論文については、2名以上の査読者が検討し、文書による査読報告を受けて、編集委員会が採否を決定します。原稿受領から採否の決定まで、最長3カ月を想定していますが、それよりも時間を要する場合には投稿者にその旨通知します。掲載決定に際して、編集委員会は著者に修正を求めることがあります。

7 締め切り日
毎月末。投稿は随時受け付けております。

2009年7月7日制定・施行
2009年9月30日修正
2009年10月3日修正
2013年11月10日修正
2015年9月4日修正
2016年6月5日修正

原稿の送り先
〒657-8501 神戸市灘区鶴甲3-11
神戸大学大学院人間発達環境学研究科人間発達専攻 岡崎香奈研究室
e-mail: kanaokazアトマークpeople.kobe-u.ac.jp
アトマークの部分は半角@に変更してください。