日本音楽即興学会 JASMIM

The Japanese Association for the Study of Musical IMprovisation
Language:
  • 日本語

お知らせ - information

更新 - update

日本音楽即興学会2022年度総会・第14回大会



大会テーマ 「エレクトロニクスと即興」

日時:2022年11月 26 日(土)、11月 27日(日)

※オンライン実施

皆様にはご自宅または職場のパソコンからビデオ会議ツールであるZoomに接続していただき,発表や聴講を行っていただく予定です。

基調講演 dj sniff (水田拓郎)
「電子楽器・即興・触覚性〜
STEIM電子楽器スタジオでの楽器制作と
遠隔即興の先に見えるもの」

プロフィール
1978年生。ターンテーブル奏者、DJ、キュレーター。慶應大学文学部美学美術史学専攻卒業、Master’s in Professional Studies (New York University I.T.P.)、Ph.D. in Music, Sound, Performance (De Montfort University Music & Audio Technology)。 ターンテーブルと独自の演奏ツールを組み合わせながら実験音楽/インプロビゼーションの分野で活動。Evan Parker、Tarek Atoui、Ken Uenoとの共作を発表、最新作『平行的玉音軌』(2022)は玉音放送を担当したNHK録音再生技師と台湾での受容をテーマに制作。これまでにSTEIM電子楽器スタジオArtistic Director (2009-12)、香港城市大學創意媒體學院客員助教授(2012-17)、京都精華大学特任准教授 (2020-2022)を歴任。また国際交流基金、札幌国際芸術祭、ゲーテ・インスティトゥート東京、アーツカウンシル東京、日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSの主催事業の企画・制作・監修など。現在はロスアンゼルスに拠点を移し、大友良英らとともにAMF(アジアン・ミーティング・フェスティバル)のコ・ディレクターとアート系大学の国際連携プログラムShared Campusのメンバーを務めている。


特別企画 Ableton社認定トレーナーレクチャー(11/26 土 14:00〜15:00 )

「コンピューターを用いたサウンド表現の実例と即興演奏の可能性」
講師:日栄一真 (Ableton 認定トレーナー)
https://www.ableton.com/ja/certified-training/kazumasa-hiei/

プロフィール
テクノロジーとサウンドをテーマにさまざまなアプローチで作品を制作。macrophage lab.名義でDEEP HOUSEを中心に作品をリリースする他、Ableton Liveによるライブパフォーマンス、サウンド・メディアーアート作品の制作、Max for Liveによる音楽表現の可能性を広げるレクチャーも行う。講師としては主に愛知県内の教育機関で、コンピューターを使った音楽制作や、Maxを用いた音楽表現の可能性を広げるレクチャーを行う。

参加申し込み方法
申し込み〆切:2022年11月19日(土)23時59分
当ページ下部にある(申込みフォーム)からお申込み下さい。

JASMIM事務局で確認のち、入力されたメールアドレスへ確認のメールを返信いたしますので、内容をご確認のうえ、料金振込をお願いします。振込先、合計金額については返信メールに記載します。
数日中にはご返信いたしますが、もし届かない場合はメールアドレスをご確認の上、再度申し込みフォームに入力・送信するか、大会専用アドレス:jasmim-taikai[at]jasmim.netまでお問合せください。
(スパム防止の為、@を[at]と表記しています。メールを送る際には@に変更してください)

【注意事項】いったん事前振込された参加費は、参加キャンセルの場合でも返金いたしません。

【参加費】
学会員:2,000円(学生1,000円)
非会員:3,200円(学生1,600円)

参加申し込みフォーム
https://forms.gle/8S25EeN2pbDysqwR9

参加費振込先
*一般銀行から振り込む場合

ゆうちょ銀行
預金種目:普通
店名:四三八(読み ヨンサンハチ)
店番:438
口座番号:5388888
口座名:ニホンオンガクソッキョウガッカイ

*ゆうちょ銀行から振り込む場合

ゆうちょ銀行
記号:14340
番号:53888881
口座名:ニホンオンガクソッキョウガッカイ
(ATMの場合「14340-*-53888881」真ん中の1桁*の入力は不要です)

振込期限:2022年11月19日(土)23時59分


日本音楽即興学会 第14回大会プログラム(2022年11月6日更新)

11月26日(土)

9:30 受付、入室
9:55 挨拶
10:00〜10:30 研究発表『童話読み聞かせのための絵本型劇伴エフェクタ』によるエレキギター即興演奏/有山大地、安藤大地、串山久美子
10:40〜11:10 研究発表 小学校におけるプログラミング教育と即興/寺内 大輔
11:20〜11:50 研究発表 シュルレアリスムは心の問題を解決するか? ―リハビリテーション領域における芸術活動の課題― /田中 順子
12:00〜13:00 昼休み
13:00〜13:50 総会 (※参加は会員のみ)
14:00〜15:00 Ableton社 レクチャー企画
       (「コンピューターを用いたサウンド表現の実例と即興演奏の可能性」) 講師:日栄一真
15:00〜17:00 基調講演「電子楽器・即興・触覚性〜STEIM電子楽器スタジオでの楽器制作と遠隔即興の先に見えるもの」 DJ sniff(水田拓郎)
 

11月27日(日)

12:30 受付、入室
13:00〜13:30 パフォーマンス発表  量子的な関わり合いをカタチにする即興的音楽生成パフォーマンス/相馬 聡文
13:40〜14:10 パフォーマンス発表 海童道による即興の試演/川口賢哉
14:20〜14:50 研究発表 学校教育における即興の段階的指導に関する一考察――J.Kratus“7 levels of Improvisation”の日本への応用可能性――/田中路 
15:00〜15:30 研究発表 AIやIoTを活用した音楽・楽器が人々の感覚や身体に与える影響とその可能性に関する一考察/瀧戸彩花
15:40〜16:10 研究発表 「インド実験音楽の可能性-二重に周縁化されたノイズ」 井上春緒/
16:20〜16:50 表彰式、閉会
17:00〜(予定)JASMIMマッチングプログラム マッチングプロジェクト
19:00 終了予定