日本音楽即興学会 JASMIM

The Japanese Association for the Study of Musical IMprovisation
Language:
  • 日本語
  • English
書籍:
  • 文化中心音楽療法
    著者:ブリュンユルフ スティーゲ (著)
    翻訳:阪上 正巳 (監修, 監修), 井上 勢津 (翻訳), 岡崎 香奈 (翻訳), 馬場 存 (翻訳), 山下 晃弘 (翻訳)
  • 即興音楽療法の諸理論〈上〉
    著者:ケネス・E. ブルーシア (著), Kenneth E. Bruscia (原著)
    翻訳:林 庸二 (翻訳), 岡崎 香奈 (翻訳), 生野 里花 (翻訳), 八重田 美衣 (翻訳)

文献:

書籍名「音楽療法 芸術療法実践講座 4」

記載:2018年03月30日

もっとも広い適用範囲をもち,注目を集める音楽療法の多種多様の理論とその展開を,
さまざま臨床現場での事例を基に活き活きと描き出す。
――精神医療の現場のみならず,教育現場や一般医療現場,高齢者施設など,
その適用範囲を広げ続ける芸術療法の,わが国での実践を集成した「実践講座」4巻。

内容紹介
もっとも広い適用範囲をもち,注目を集める音楽療法の多種多様の理論とその展開を,
さまざま臨床現場での事例を基に活き活きと描き出す。
――精神医療の現場のみならず,教育現場や一般医療現場,高齢者施設など,
その適用範囲を広げ続ける芸術療法の,わが国での実践を集成した「実践講座」4巻。

著者について
飯森 眞喜雄
1948年長野県生まれ。
1975年東京医科大学卒業。現在、東京医科大学精神医学講座教授。
主な公的・学会役職歴は、東京都精神保健福祉協議会理事長、日本精神神経学会理事、日本臨床死生学会副理事長、日本芸術療法学会理事、日本ストレス学会理事、日本産業精神保健学会理事、日本社会精神医学会理事、日本自殺予防学会理事など。

著者略歴
飯森/真喜雄
東京医科大学

阪上/正巳
国立音楽大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

LINK

この記事に付けられたタグ